債務整理を真剣に考える

キラキラビーズ > 経済 > 債務整理を真剣に考える

債務整理を真剣に考える

個人の破産での手続きにしたがうなら、申立人は初めに申し立ての書類を申し立てる人の住所地を担う裁判所に届け出ることが基本です。

申し立て者による申し立てがあったら地方裁判所は、自己破産申請の許可をしたほうがいい根拠があるかどうかなどということを議論する流れとなり、判定の完了後申請人に支払不能な状態というような破産の要因が揃っていた場合自己破産申請の承認がもらえるのです。

ですが自己破産の承認がもらえても、返済責任が解消されたということになりません。

今度は免責の認定を申請する必要性があるのです。

免責とは自己破産の手続きの上で支払いができない申立人の借入については、司法によってその義務を消すことをいいます。

※つまりは債務をゼロにすることです。

免責の場合も、破産申請の許可の流れと似ていて地裁で審議があって、議論の末に、免責の決定がおりたら申立人は借金から解放されることとなり借金はゼロになって、そして、住宅ローンやクレジット用のカードが使用不可になることを除けば自己破産判定者が被る不便からも逃れられることとなります。

免責不許可(責任を0にはしない)の判断がなされてしまうと返済くわえて破産者の受けるデメリットはそのままになってしまいます。

破産に関する法律の免責という制度は止むを得ない事情で借金を負い苦しみもがく債務者を救助する枠組みです。

ですので、資財を隠して自己破産申請の遂行をするといった、国に対して偽物の書類を提出するといった制度を不正使用する者であるとか、賭けや買い物などの無駄遣いで負債を抱えた人々の場合は自己破産の承認過程を停止したり免責扱いが不許可になります。

法律では免責の認可をもらう資格が無い場合を先に提示した状態の他いくつか設定しており、免責不許可の要因と表現します。


関連記事

  1. 転職を考えたきっかけ
  2. 面接官に聞かれたらこのように答えたい。
  3. 返済のコツ
  4. 債務整理を真剣に考える
  5. 借金が膨れ上がる(あがった)理由
  6. 借金の無料返済プラン